ホワイトニング

歯のホワイトニングとは?

歯のホワイトニングとは自分のオリジナルの歯を削らず白くする方法です。
歯の黄ばみ、着色、汚れなど特殊なジェルを使って漂白する方法です。
(アメリカでは95%の歯医者さんで行われている安全で簡単、確実な方法です。)

歯のホワイトニング法

まず、お口の中の診査をおこないます。
虫歯や詰め物、歯のクラック(ひび割れ)などのチェックをし、問題があればホワイトニング前に処置を行います。

次に術前での記録(歯の写真、歯の色調のチェック)をとり、患者様のご希望等をお尋ねし、治療計画をたてます。
ここで大切なのはホワイトニングを受ける方のご要望と治療結果のギャップが生じないということです。
ホワイトニングへの過剰な期待がトラブルにつながることもあります。

治療計画に基づいたカウンセリングと治療の契約を行い、いよいよホワイトニングのスタートです。
まずはPMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)という専門のクリーニングを行います。
これによって歯の表面のステインの除去を行うと同時にホワイトニング剤の浸透性を高める効果が得られます。

その後、歯型を取りその方専用のカスタムトレー(マウスピース)を作製します。
このトレーに専用のホワイトニングジェルを入れ、ご自宅で装着してもらいます。
1日30分から1時間カスタムトレーを装着し(テレビを見ながらでOKです!)、
数日から数週間(個人差があります)であなたの歯は自然な白さになります。

以上がご自宅で行うホームホワイトニングです。
これ以外にも診療室で行うオフィスホワイトニングという方法があります。
これは、ホームホワイトニング用のジェルに比べ高濃度の薬剤を使い、
レーザーを当ててより短時間で白くできるというメリットがあります。


ホ、


ホワイトニング症例 男性のケース

ホワイトニング症例 女性のケース

歯の着色の原因

1.外因性の着色

磨き残し、タバコ、食品コーヒー、お茶、ワインなどの飲食物、嗜好品による歯の表面に着色が付いた状態。

2.内因性の着色

テトラサイクリン変色歯(抗生物質が原因)、フッ素症、全身疾患、エナメル質形成不全症、象牙質形成不全症。

3.加齢による着色

年齢とともに徐々に歯の色調が変化。

4.外傷、歯科治療による着色

外傷によって神経が死んだり、歯科治療によって神経を抜いた後で歯が変色することがあります。また、歯科治療での使用金属成分の溶出により歯が変色することがあります。

5.その他

遺伝因子による強い黄ばみ。

※ホワイトニングは①外因性の着色、③加齢による着色に最適の治療法であり、②内因性の着色、④外傷、歯科治療による着色では効果が難しいことがあります。

ホワイトニングは安全?欠点はないの?

1.ホワイトニングは安全?

ホワイトニングジェルの主成分は過酸化水素あるいは過酸化尿素であり、皆さんになじみがあるのは殺菌消毒剤のオキシドールと同じ成分です。

またアメリカではホワイトニングはごく普通(メジャー)に歯医者さんで行われる処置で、その安全性は保障済みで、

「歯を削らない」

「ほとんど痛くない」

「麻酔などひつようない」

という画期的なトリートメント法です。ご安心下さい。

2.ホワイトニングはには欠点はないの?

ホワイトニングに欠点はないのかという点についてですが、「知覚過敏」と呼ばれる「歯がしみる現象」が時々あります。

これも個人差があるのですが、しみが強い方の場合ホワイトニングジェルの濃度を変更したり、しみを抑えるクリームを使って対応すればほとんど問題ありません。

また、この知覚過敏は一過性(一時的)のものでホワイトニングを中断すれば症状は消失します。それからもう一つの欠点に「後戻り」があります。

「せっかくきれいに白くなったのに元に戻るなんて!」とがっかりされるかもしれませんが、この後戻りにも個人差があります。

日頃のお手入れや定期的な専門をクリーニングをおこなうことで歯の白さを維持することが可能です。しかし、どうしても後戻りがあった場合「リタッチ」という追加ホワイトニングをおこなうことで歯の白さを維持していくようにします。(後戻り対策のクリーニングや後戻りのリタッチに関しては皆さんが定期的に美容院に行かれる感覚をイメージしていただければよいと思います。美しさを維持するための定期的メインテナンスですね。)

当院のホワイトニングメンバー(whitening Member)

前述のとおり、ホワイトニングの効果は一生続くものではありません。生活習慣(飲食、喫煙等)や加齢によって再び歯が変色(後戻り)してくることがあります。

基本的に3~6ヶ月の定期検診と歯のクリーニングでメインテナンスを行っていきますが、後戻りが気になる場合「リタッチ」という方法で追加ホワイトニングを行います。

この「リタッチ」はホワイトニングメンバーに入会していただいた方に低価格でご提供させていただくシステムです。

※このホワイトニングメンバーは定期的メインテナンス(リコール)及び日常のお手入れを守っていただける方に限定させていただきます。

ホワイトニングの注意点

1.必ず真っ白い歯になるの?

これはよくある質問ですが、ホワイトニングを希望される方のほとんどが芸能人やモデルのような真っ白い歯になると期待し てこられます。驚くほど白く改善されるケースもありますが、基本的にその人本来の歯の色をベースに現状から数段階改善されていくものです。過剰な期待は禁 物です。
また、先天的着色歯、重度のテトラサイクリン歯(抗生物質の影響による変色歯)、虫歯や歯髄(歯の神経)が死んで歯が黒ずんでいる場合には効果が期待できないことがあります。
(ホワイトニングの効果や適応診断のためホワイトニングを行う前にあなたのお口の中をしっかり診査した上で適切なカウンセリングを行っていきます。)

2.回数、期間はどれくらい?

オフィスホワイトニングという方法であれば1回で白くなりますが、ホームホワイトニングでは、ご自宅で数日から数週間(来院は1週間に1回程度)の期間が必要です。この期間にも個人差がありますので詳しくは当院でご相談下さい。

ホワイトニングができない場合(禁忌症)

極度の変色歯

ホワイトニング剤に反応せず、改善が困難な症例。テトラサイクリン(抗生剤)による重度の変色歯

極端な要望

実際には不可能なレベルの白さをご希望される場合(トラブルの原因になることが多い)

エナメル質形成不全症、象牙質形成不全症

どちらも歯の形成段階での問題を持つ歯であり、ホワイトニングでの審美性の回復は困難。

妊婦や授乳中の方

トラブルの発生に備え、これらの期間中はホワイトニングをひかえた方が良いでしょう。どのような治療でもこの時期はひかえたほうがbetterでしょう。(ホワイトニングはいつでもできますので!)

これらの禁忌症では、審美歯科治療(セラミック治療)や時期をずらすことで対応できます。詳しくは主治医とご相談下さい。

ホワイトニング価格

オフィスホワイトニング 30,000円

診療室で行うホワイトニングです。通常1~2時間ほどです。
(診査、診断、カウンセリング、ジェットクリーニングを含む)

ホームホワイトニング 50,000円

自宅で行うホワイトニングです。数日~数週間です。
(診査、診断、カウンセリング、ジェットクリーニングを含む)

トータルホワイトニング 80,000円

オフィスホワイトニング+ホームホワイトニングのドッキングによってより短期間でホワイトニング効果を得る方法です。です。
(診査、診断、カウンセリング、ジェットクリーニングを含む)

リタッチ 3,000円(ホワイトニングジェルシリンジ 1本)

ホワイトニングメンバー(3~6ヶ月の定期的メインテナンス(リコール)及び日常のお手入れを守っていただける方に限定)入会者への追加ホワイトニング。

無料メール相談

医療法人クリスタルデンタルクリニックでは、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、岡山県以外の方のご相談はご遠慮下さい
は入力必須項目です。

内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール
(確認用)
ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開 OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。

PageTop

ミラクルデンチャー症例集

ミラクルデンチャー症例集button

はじめに

院長紹介button

講演実績button

キッズイベントbutton

スタッフブログ

インプラントbutton

症例集button

当クリニックでの診療症例集です。ぜひご参考になさって下さい。
allowインプラント症例はこちら
allow審美症例はこちら
allow入れ歯症例はこちら
allowホワイトニング症例はこちら

治療の流れbutton

院内ツアーbutton

診察科目button

予防歯科button

審美歯科button

歯周病治療button

料金表button

ホワイトニングbutton