インプラント症例

インプラントとは?

インプラントとは、歯のなくなった部分にチタン製の人工歯根を植え
(顎の骨に埋め込む)、その上に人工の歯を装着する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、また顎の骨と結合することが確認されています。インプラントと顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。入れ歯ではどうしても満足することが難しかった“食べる・話す”こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

当院での症例です。

治療前
右下の奥の歯を2本失いました。入れ歯は嫌です!




治療後
そこでインプラントを植え、歯が復活! 以前の自分の歯と同じように使えます。

インプラントはこんな方にお奨めします!

・健康な歯を削りたくない方。
・残っている歯に負担をかけたくない方。
・どうしても入れ歯(取り外し式)が合わないで悩んでいる方。
・なるべく自然な歯並びや、使い心地を望まれる方。


それでは、健康な歯を削りたくない方、残っている歯に負担をかけたくない方にどうしてインプラントが向いているのでしょうか?

まずは、インプラント治療と従来の治療法との違いについてご説明します。

1本~数本歯が抜けた(両隣に歯がある)場合の治療法の比較

ブリッジ
抜けた歯の両隣の健康な歯を削って連結しブリッジにします。


インプラント
失った部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯を傷めません。

奥歯が抜けた場合・多数の歯が抜けた場合の治療法の比較

部分入れ歯(義歯)
健康な歯にバネをかけ部分入れ歯を固定します。違和感があり、バネをかけた歯に負担がかかります。



インプラント
失った部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。入れ歯に比べると違和感も少なくなります。

全ての歯が抜けた場合の治療法の比較

総入れ歯(義歯)
総入れ歯を歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く味覚が落ちます。


インプラント
インプラントが顎の骨にしっかりと固定されます。ガタつきがなく安定します。

以前では、歯を失った場合、その前後の歯を削ってブリッジにするか、取り外し式の入れ歯にするか、そのどちらかがメジャーな治療方法でした。ところが、ブリッジにも取り外しの入れ歯にも以下のような良いところと欠点とがあります

ブリッジのよいところ

固定されているため、違和感がほとんどない
保険内で治療ができる(使用材料によって)

これまで歯を失った場合の第一選択はほぼ間違いなくこのブリッジではなかったでしょうか?(当然、不可能なケースもありますが・・・)。ところが、このブリッジも万能選手ではありません。当然ブリッジを選択するのですから良い点がたくさんあるわけですが、正直欠点もたくさんあります。では、その欠点とはどういうものでしょうか?

ブリッジの欠点とは?

・抜いた(抜けた)歯の前後を削らなくてはならない。(失った歯のために健康な歯を削ったり、場合によっては神経を抜かなくてはならない。)

・一度削った歯は再治療を繰り返し、将来的に抜歯する確立が非常に高い。

・ブリッジを支える歯は、その歯と抜けた歯にかかる力を一手に負担しなければならない。(支えの歯に過剰な咬合圧負担が強いられる)→過剰にかかる力は、歯の根を割ったり、歯周病を招く確立が非常に高い。

・ブリッジと歯ぐきの間に汚れが溜まりやすく不衛生になり易い。(抜けた部分の義歯(ダミー)は自分の歯と比べ掃除がしにくい)→プラークコントロールが難しく虫歯や歯周病の原因となる。

・場合によってはブリッジの欠損部から空気が漏れ、発音障害が起こることもある。


ブリッジの平均寿命は、だいたい7,8年といわれています。これはブリッジを支える歯にトラブル(虫歯、歯周病、歯根破折等)が発生することが主な原因です。その原因が上に挙げたいくつかのブリッジの欠点によるものです。
勿論ブリッジにもたくさん良い点はあるのですが、抜けた歯の前後の歯を削ってまで欠損を補うという治療法は、物理的に考えてもやや強引な手法かも知れません。
そして、ブリッジに寿命が来るということは、支えの歯を抜く、あるいは再治療する羽目になり、どんどん歯の数を減らしていくという悪循環に陥ってしまいます。そして、どんどん治療を繰り返すうちに総入れ歯ということにも・・・?

入れ歯(義歯)のよいところ欠点

・多くの歯科医院で治療が受けられる
・保険内で治療ができる


ところで、入れ歯(義歯)とは一体どういうものかといいますと、よく漫画なんかでおばあちゃんの口から外れて飛び出すあれです。簡単に言うと、歯がなくなったところに取り外しのできる人工の入れ歯(義歯)を入れるわけです。口の中にただ入れ歯(義歯)を入れるだけでは当然すぐに外れてしまいます、そこでこの入れ歯(義歯)を安定させるために残っている歯に入れ歯(義歯)の留め金を掛けたり、歯が全くない場合には入れ歯(義歯)を吸盤の要領で歯ぐきに吸い付ける工夫をします。
しかし、この入れ歯(義歯)、なかなか厄介な代物で、日本でも有数の名医(入れ歯名人)が作ればいざ知らず、なかなか本来の自分の歯のようにはうまくいきません。
では、この入れ歯(義歯)の欠点(問題)とはどういったものでしょう?

入れ歯(義歯)の欠点とは?

・装置が大きく違和感が強い。(→発音がうまくできない、入れ歯の使用に慣れるには時間がかかる)

・入れ歯を支える留め金(鉤)のかかる歯に大きな負担をかける。(→歯周病の原因になる)

・物がつまり易く、食事のたびに洗わなければならない。(→取り外して手入れをするのが面倒)

・留め金や複雑な装置のかかる歯は、汚れが溜まりやすく不衛生になる。(→虫歯、歯周病の原因になる)

・味や冷温感覚が伝わりにくい。(→味覚が変わる、)

・落ちる(入れ歯が安定しなければ、噛めない・話せない・はめられない)

・痛い(入れ歯が合わないと粘膜に傷がつきやすい)

・噛めない(入れ歯はせいぜい自分の歯の50%程度しか噛めない)

・留め金などの見映えが悪い


やはり、入れ歯(義歯)の最大の欠点は機能不全(噛めない・しゃべれない・外れる)ではないでしょうか。それに加えて残っている歯に負担をかけ、やがては総入れ歯・・・。総入れ歯になって楽しい人生が送れると思われますか?

そこで登場するのがインプラントです。

ブリッジや入れ歯と比較した時のインプラントの特徴とは?

・他の歯を削らなくてよい
(自分の歯を長持ちさせることができる)。

・他の歯に負担を与えない
(前後の歯の負担が軽くなり寿命が延びる)。

・違和感がなく、自分の歯と変わらない自然な感覚で使える
(入れ歯のように装置が不要でがたつきもなく、身体の一部のように感じることができる)。

・見た目がよく、天然歯とほとんど遜色ない
(自然な外観をもたらす)

・自分の歯と同じようによく噛める
(噛む機能が回復し、食べ物の制限がなくなる)。

・固定式のため、取り外しの煩わしさがない
(入れ歯のようにスベリ、ズレがなく、食べ物のかけらが入って痛むこともない)。

・お手入れは普通の歯と同様
(きちんとした手入れで治療効果は半永久的に持続。35年以上機能している例もある)。

その結果、インプラントがあなたにもたらすメリット!

(1)噛めることで、食べ物の制限がなくなり何でも美味しく食べられる。
→その結果、食べる楽しみを取り戻すことができる。
→楽しい食事は身体を健康に保つだけでなく、心も健康にする。

(2)自然な外観や表情を取り戻せ、人前で話すこともまったく平気。
(3)レストランや旅行先でも人前で遠慮せず、気にすることなく食事を楽しめる。
(4)歯を失ったことによる食べ物の制限や義歯による不快感など、さまざまな不満や悩みから開放され、生活の楽しさが蘇る。

ブリッジのよいところ

治療前

右下奥歯2本は、虫歯の治療を繰り返すたびにどんどん悪くなり、最終的には残すことができなくなりました。

治療中

インプラント体とその土台が入った状態です。 後はこの土台に人工歯を装着します。

治療後

最終的な人工歯をインプラントの土台につけました。これで以前あった歯と同じように使えます。

患者様の声

もう一度歯が生えてきたみたいです。入れ歯はどうしても嫌だったのでおもいきってインプラントにしてよかったです。今は、インプラントだということも忘れ、自分の歯と同じように使っています。

無料メール相談

医療法人クリスタルデンタルクリニックでは、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、岡山県以外の方のご相談はご遠慮下さい
は入力必須項目です。

内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール
(確認用)
ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開 OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。

PageTop

ミラクルデンチャー症例集

ミラクルデンチャー症例集button

はじめに

院長紹介button

講演実績button

キッズイベントbutton

スタッフブログ

インプラントbutton

症例集button

当クリニックでの診療症例集です。ぜひご参考になさって下さい。
allowインプラント症例はこちら
allow審美症例はこちら
allow入れ歯症例はこちら
allowホワイトニング症例はこちら

治療の流れbutton

院内ツアーbutton

診察科目button

予防歯科button

審美歯科button

歯周病治療button

料金表button

ホワイトニングbutton