入れ歯・義歯治療

あなたにおたずねします。

もしかして今、あなたは合わない入れ歯(義歯)で我慢していませんか?

もともと入れ歯(義歯)は落ちるもの、噛めないものと諦めていませんか?

あなたは、入れ歯(義歯)にも様々な種類があることをご存知ですか?)

歯は、一度抜けるとはえ変わることができません。ですから抜けた歯は、その変わりになるものを人工的に補わなければ噛むことができません。それが、義歯というものです。義歯にはいくつか種類がありますが、ここでは特に取り外し式の義歯(入れ歯)について詳しくご説明いたします。

入れ歯(義歯)には、保険適応のものと自費診療といって保険の効かないものがあるのをご存知ですか?

そして、保険診療と自費診療の入れ歯(義歯)の違いとは一体何なのでしょうか?

保険適応の入れ歯

保険適応の入れ歯(義歯)には、プラスチック(アクリルレジン)製のレジン床義歯と高弾性・高強度なプラスチック(ポリカーボネート)製のスルホン床義歯の2種類あります。
このピンク色の部分がプラスチック製のレジン床です。

また、残存する歯があれば、その歯に留め金(クラスプと呼ばれる維持装置)をかけて入れ歯を安定するようにします。金属部分が歯に引っ掛ける留め金(クラスプ)です。

この保険の入れ歯(義歯)が最も普及しているタイプのものですが、プラスチック製のため強度を保つためにはどうしても厚みが必要で大きめに作らざるを得ません。そのため、食べたり飲んだりした時の熱さや冷たさが伝わりにくく、味覚も落ちる傾向にあります。また、厚みや大きさのせいで、どうしても口の中に入れると違和感が大きく、発音もしづらいことが多いようです。

保険入れ歯の欠点

この保険適応の入れ歯(義歯)にはいくつか欠点があるのですが、具体的にその欠点をみると・・・

× 強度を保つために義歯が厚くなる(違和感が強い、装着間が悪い)。
× 全体が厚めの合成樹脂のため、食べ物の温かさや冷たさを感じにくい。
× 合成樹脂のため落としたりすると割れやすい。
× ばね(留め金)がやわらかく変形したり折れることもある。
× 残った歯への負担が大きい。× 長く使っているうちに歯が削れてきてしまう。
× 前歯にばね(留め金)がかかる場合、ばねが目立つ。
× ばね(留め金)が大きく装着感が悪く、物がつまりやすい。

といったものが挙げられます。

もちろん保険の入れ歯で問題なく快適に使われている方もたくさんおられます。

ところが、もしあなたが少しでも入れ歯(義歯)にご不自由やご不満を感じておられるならお尋ねいたします!

あなたはもしかして今、このようなお悩みを抱えておられるのでは?

× すぐに落ちる、外れる。
× 物が良く噛めない、噛み切れない。
× 痛くて噛めない。
× 物がつまり易く、食事中もよくつまって痛い、気になる。
× 食べても美味しくない(味がよく分からない)。
× 冷たい物、熱い物の感覚が分からない。
× 装置、留め金が大きく違和感が強い。
× 発音しづらい、しゃべりにくい。
× どうしても入れ歯に慣れない。
× ばね(留め金)のかかった歯がどんどんぐらついてきた。
× 留め金が見えるので見映えが悪い。

2つ以上あてはまるようでしたら、あなたの入れ歯(義歯)は立派な不適合(合いの悪い)義歯です。

こういったお悩みを我慢したまま毎日をお過ごしですか?

食事や会話、外出や旅行といった楽しみを諦めていませんか?

美味しいものを美味しく味わえる感覚を取り戻したくありませんか?

保険の入れ歯(義歯)は比較的安いご費用でどなたでも作れるというメリットがある反面、保険制度の制限が多く、設計や材料といった様々な点で妥協せざるをえません。 そこで登場するのが自費診療の入れ歯です。 それでは、自費診療の入れ歯についてこれからお話しをしてまいります。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯(義歯)は、「金属床義歯」、「アタッチメント義歯」「ソフトレジン床義歯」といったものがあります。保険のプラスチック製の入れ歯と比べかなり薄く作れ、しかも丈夫です。部分入れ歯の場合には、邪魔な留め金などは一切使わずに作ることもできますし、磁石やアタッチメントなどの特殊な装置を使うことでガッチリ装着できるといった様々な利点があるのが特徴です。

もしあなたが入れ歯(義歯)のことでお悩みなら、これらの入れ歯を上手く使えばきっとこんなメリットが期待できます。

○ 食べる時に外れない・落ちない。
○ 物が良く噛めるようになる。
○ 物が詰まりにくくなる。
○ 見た目が良く自然なため入れ歯だと気づかれない。
○ 味覚が格段に向上し美味しく食べられる。
○ 冷たい物、温い物の感覚が良くわかる。
○ 着けた感じも良好で、格段に違和感が減る。
○ 発音障害が激減。
○ 強固で壊れにくい。
○ 残った歯をガッチリ固めて保護し、歯の寿命を伸ばす。

いかがですか、自費の入れ歯(義歯)のメリットがお分かりいただけましたか?しかしながら、この自費の入れ歯(義歯)にも良い所ばかりではなく悪い所(欠点)もあります。それは、設計や材料に制限がない変わりに費用も保険のものと比べ高額になります。ですから、この自費の入れ歯(義歯)は、そのメリットを十分に理解していただいた上で選ぶべきだと思います。保険の入れ歯(義歯)でご満足できれば問題ありません。要するに、今のそしてこれまでの入れ歯(義歯)にご不満があり、なんとかこの状態を改善したいと思われるあなたはこの後を引き続きご覧ください。そして、まずは自費の入れ歯(義歯)について少しでも多く理解される(勉強される)ことをお勧めします。あなたが自費の入れ歯(義歯)を選択するのはその後にされても良いと思います。

では、「金属床義歯」、「アタッチメント義歯」、「ソフトレジン床義歯」について具体的にご説明いたします。

「金属床義歯」とは

プラスチック(レジン)の代わりに特殊な金属を使って入れ歯を作る方法です。 そして、その特徴といえば
◎ 熱の伝わりが良い金属製のため、温かさや冷たさを感じるため食事が美味しい。

◎ 丈夫で割れにくく長持ちする。

◎ 汚れにくく、良く噛め、臭わない。

◎ 薄いため、違和感が少なく快適で発音もしやすい。

◎ 部分入れ歯の留め金を丈夫にでき、残っている歯をしっかり固定できるので歯にやさしい。

といったものが挙げられます。

実際の症例 ケース1

それでは実際に金属床義歯を使って治療を行った症例をご紹介しましょう。

この方は、虫歯を長期間放置していたため、ほとんどの歯が崩壊してしまったケースです。初診時のお口の中を見ていただく と、ほとんどの歯がボロボロになっているのがお分かりいただけると思います。

もちろんこのお口の状態では、ちゃんと物を噛むことができません。当然食べる 物も限定されます。

治療前のお口の中の状態

治療は、歯が残っている前歯には根の治療をした後、差し歯やブリッジを入れることにしました。

しかし、歯のない部分には差し歯やブリッジは無理なので入れ歯を作ることにしました。
(ご自分の歯もこの状態ですから、当然歯のないところに入れ歯を入れた経験はありませんでした。)

それでは治療後のお口の中はどうなったでしょう。

治療後のお口の中の状態

上あごの前歯には残っている歯を使ってブリッジを入れました。
そして、奥歯の歯がないところには金属床義歯を入れました。

この方は、入れ歯(金属床義歯)を入れても初めからほとんど違和感なく順調に使えています。
もちろんズレたりガタガタしたり外れて困ることは全くありません。当然会話するのも問題ありません。
食事も制限なく何でもたべられるようになりました。こうなると以前の噛めなかったときの事は忘れてしまい、今の状態が当たり前になってきます。

そして、何より治療前に比べてご本人の表情が大変明るくなってこられることが我々の喜びです。

実際の症例 ケース2

こちらの方は、長期海外出張(発展途上国)で歯の治療ができなかったため大変お困りになったケースです。

先進国と違い歯医者さんのレベルが低いため出張先では歯の治療ができませんでした。

治療前のお口の中の状態

治療は、保存できない右の奥歯を抜歯し、残りの歯は歯周病治療、虫歯治療を行いました。

大変忙しい方で、急ピッチで入れ歯(義歯)の作製に取り掛かりました。

なるべく違和感の少ない、残った歯に負担のかからないよう金属床義歯の設計を行いました。

それでは治療後のお口の中はどうなったでしょう。

治療後のお口の中の状態

下の入歯(義歯)は残っている歯が無いため総入れ歯(義歯)です。

上の金属床義歯は強度を保ち、違和感の少ないよう作製しております。入れ歯(義歯)の真ん中をくりぬいているので、使い心地は保険の入れ歯(義歯)とは比べ物になりません。

食事や会話でも、その差は歴然です。この方は、某大企業の幹部で、とても貫禄のある方ですが、治療前と治療後とで口元の違いも一目瞭然です。やはりセレブは外見も大切!

実際の症例 ケース3

合わない義歯でずーっと苦労された患者様です。

義歯の不具合で歯ぐきのあちこちに傷ができ毎日のように調整を行うため他 院に通われたそうです。 

入れ歯(義歯)の調整をする度にバランスが崩れ、全体の噛み合せも崩壊していきました。困り果てた患者様はインターネット経由で 当院をお知りになり来院されました。すれ違い咬合という難しいかみ合わせ状態のため全体的に治療が必要と診断し、ご相談の結果上下ともに金属床義歯を作製 することに決まりました。

治療前のお口の中の状態

治療は、残っている歯の歯周病、虫歯、根の治療から行っていきました。

噛み合せもデタラメで、ちぐはぐだったため、理想 的な形態を模索するため治療義歯という暫間的な入歯を使って正しい咬合(歯並び)を探していきました。もちろん何十年かかって崩れてきたお口の中ですの で、短期間で機能を回復できるほど簡単なものではありません。

長い治療期間は十分に説明し、患者様も納得されて2人3脚の治療が始まりました。

治療後のお口の中の状態

歯科医師、歯科衛生士、患者様の3人4脚の治療は1年以上に及びました。

想定されたトラブル・想定外のトラブル・食べる ことすら儘(まま)ならないこともありました。

非常に噛む力が強い患者様ですので金属床義歯の設計も改良の連続でした。

しかし、何よりがんばっていただい たのは患者様自身で噛めないときでも笑顔で通っていただきました。治療前の凸凹の噛み合せと治療後のバランスのとれた噛み合せを比べてみてください。

実 は、このようなケースで悩まれている患者様って大勢いらっしゃるんです・・・

あなたもその一人では?

アタッチメント義歯とは

磁性アタッチメント義歯

磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着します。
歯の根に「磁性金属」を取付け、入れ歯に「超小型磁石」を埋め込みます。 (歯の無い方は、インプラント(人工歯根)と組み合わせて使うことができます。

この磁性アタッチメント義歯の特徴は、

◎ わずらわしい留め金や複雑な仕掛けがないシンプルな構造なので着け外しが簡単。
◎ 強力な磁石の力でピッタリと吸着し、しっかり固定されよく噛めます。
◎ もちろん会話も楽しくなります。
◎ 虫歯でぐらつき始めた歯でも抜かずに歯の根を利用できます。
◎ 自分の歯で噛むことで、脳に刺激を伝え、全身の健康につながります。
◎ 入れ歯がシンプルな構造で、お手入れが簡単です。
◎ 外側から見える装置がなく、見た目がスッキリと自然です。

機械的に固定すると歯根には有害な力が加わり、歯がグラグラする原因になることがあります。磁石による固定は、有害な力が加わると外れるので、歯根をやさしく守ります。だから、ぐらつき始めた歯根を利用でき、歯を抜かずによく噛める入れ歯ができます。

しかも、今お使いの入れ歯を簡単に修理するだけで磁石式入れ歯に変身します。さらに着脱が容易で、見た目に入れ歯を感じさせません。

左の図では、2本の歯の根を利用して、 総義歯タイプの磁性アタッチメントを使用 しております。

もし、歯が1本も残っていない場合でも、1~4本のインプラント(人工歯根))を埋めその上に磁石式入れ歯を入れることができます。そして、強力な磁力でよく噛める入れ歯ができます。この磁力は低下しないので、いつまでもよく噛めます。

「コーヌスクローネ義歯」とは

コーヌスクローネ義歯

まず、残っている歯に金属の冠をかぶせます。続いて、その冠をピッタリ覆う外冠を作り新しい入れ歯に外冠を固定します。そして、そこに被せた内冠と入れ歯に取り付けた外冠の摩擦力によりガタつかずガッチリ入れ歯が固定されます。

コーヌスクローネ義歯の良いところは?

◎ 入れ歯は非常にガッチリと固定され、物を噛んでもガタついたりせず安定する。
◎ 表面に複雑な装置がないため違和感をまったく感じない。
◎ 残った歯を固定し、負担が少ない。
◎ 入れ歯が強靭で一度作れば長持ちする。
◎ 留め金がないので見た目が良く、入れ歯と気付かれない。

それでは実際にコーヌスクローネ義歯を使って治療を行った症例をご紹介しましょう。

治療前のお口の状態です。 虫歯と歯周病に加え、まったく合わない入れ歯が入っています。
この患者様は軟らかい物しか食べれません。
おまけに人前で大きな口を開けて笑えず、お友達と一緒に写真に写るのも嫌だったそうです。
普段の生活にもかなりの弊害がありました。

虫歯、歯周病の治療を行い、残せる歯を利用してゴールドの冠(かぶせ)を入れました。

この残っている歯がポイントです。このゴールド冠(内冠)に入れ歯がガッチリとはまり込む設計です。

これが、上顎(うわあご)の入れ歯です。金属床を使い、できるだけ違和感のない小さな設計にしています。
 さらに、表から留め金や入れ歯の装置はまったく見えません。食べ物が挟まったり、留め金が緩んだりすることもありません。

入れ歯の裏側をみてみると、歯のかぶせにぴったりとはまる外冠を埋め込んでいます。

この入れ歯を自分の歯のかぶせにぴったりとはめ込むことによって義歯ががたついたりすることなくまるで自分の歯のような感覚で使えます。

しっかりと口の中でフィットしてちょっとやそっとのことで外れたりすることはありません。

こちらが下顎(したあご)の入れ歯です。
舌側(べろ側)にやはり金属床を使っております。

下の入れ歯にも外冠が埋め込まれており、自分の歯の内冠と入れ歯の外冠がガッチリかみ合って入れ歯をしっかりと安定させています。

治療前と比べて、見た目は勿論、もう会話や食事などで困ること、悩むことはありません。

外見から入れ歯の留め金が見えず、留め金がないので違和感がなくすっきり!

何でも美味しく食べられるので少し太り気味(?)だそうです。

旅行でもお友達とにっこり笑って写真が撮れるようになりました。

無料メール相談

医療法人クリスタルデンタルクリニックでは、随時メールでのご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、岡山県以外の方のご相談はご遠慮下さい
は入力必須項目です。

内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
お名前
メール
(確認用)
ご住所
電話番号
メッセージ
HP公開 OK NG
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。

PageTop

ミラクルデンチャー症例集

ミラクルデンチャー症例集button

はじめに

院長紹介button

講演実績button

キッズイベントbutton

スタッフブログ

インプラントbutton

症例集button

当クリニックでの診療症例集です。ぜひご参考になさって下さい。
allowインプラント症例はこちら
allow審美症例はこちら
allow入れ歯症例はこちら
allowホワイトニング症例はこちら

治療の流れbutton

院内ツアーbutton

診察科目button

予防歯科button

審美歯科button

歯周病治療button

料金表button

ホワイトニングbutton